バクロフェンIN

24 - 144

バクロフェンは、多発性硬化症や脊髄損傷など、特定の疾患によって引き起こされる筋肉の痙攣やつっぱりを治療するために使用される処方薬です。筋肉を弛緩させ、痛みや不快感を軽減することで効果を発揮します。バクロフェンは錠剤、カプセル、注射液など様々な形態で入手可能で、通常は経口投与される。医療従事者が提供する服用指示に従うこと、また医師の監督なしにこの薬を突然中止しないことが重要です。

バクロフェンは追跡番号付きでインドから発送される。

1個単位でご購入いただけます。

商品コード: バクロフェン-IN1 カテゴリー: , タグ: , , , ,

バクロフェンは筋弛緩薬および鎮痙薬であり、さまざまな神経学的状態から生じる筋痙攣、こわばり、その他の関連症状の治療に使用される。中枢作用型の骨格筋弛緩薬で、脳と脊髄のGABA-B受容体に結合することで作用し、筋緊張と痙縮を制御する特定の神経細胞の活動を低下させる。

バクロフェンは錠剤で入手可能であり、通常、食事と一緒に、または食事なしで経口投与される。投与量と投与頻度は、患者の病歴、年齢、体重、その他の要因によって異なる。処方された投与スケジュールを注意深く守り、医療専門家に相談せずに投与量を変更しないことが重要である。

筋痙縮に対するバクロフェンの有効性は、数多くの臨床試験で証明されている。無作為二重盲検プラセボ対照試験において、バクロフェンは多発性硬化症(MS)および脊髄損傷(SCI)患者の筋緊張と痙縮を有意に軽減することが明らかになった。別の研究では、バクロフェンは脳性麻痺(CP)および外傷性脳損傷(TBI)患者の痙縮を軽減するのに有効であった。

バクロフェンには多くの潜在的副作用があり、患者の病歴やその他の要因によって異なる。一般的な副作用には、眠気、めまい、吐き気、疲労などがある。発作、幻覚、肝機能障害など、より重篤な副作用はまれですが、一部の患者さんで発現する可能性があります。バクロフェン服用中に副作用が現れた場合は、医療専門家に報告することが重要です。

バクロフェンまたはその成分に対して過敏症の患者には禁忌である。発作、肝疾患、腎疾患の既往歴のある患者には慎重に使用する必要がある。バクロフェンは、中枢神経抑制薬、抗高血圧薬、三環系抗うつ薬などの他の薬物とも相互作用する可能性があるため、現在服用しているすべての薬物について医療専門家に報告することが重要である。

結論として、バクロフェンは中枢性骨格筋弛緩薬であり、神経疾患患者の筋痙縮および関連症状の治療に使用される。錠剤で入手可能で、通常経口投与される。バクロフェンは、多くの臨床試験で筋緊張および痙縮の軽減に有効であることが示されている。しかし、さまざまな副作用を引き起こし、他の薬と相互作用する可能性があるため、医療専門家の指導のもとでのみ使用する必要がある。

投与量

10mg、25mg

梱包サイズ

50錠、100錠、200錠、400錠

レビュー

レビューはまだありません。

“Baclofen IN” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

スピン・トゥ・ウィン

  • あなたの運を試して、割引クーポンコードを獲得しよう
  • 15日ごとに1回のフリースピン
  • 不正行為は禁止です!メールアドレスは実在するものを使用してください。
  • 注意:クーポンコードの有効期限は7日間です。
運試し!
決して
後で知らせる
遠慮する